HOME »

リリース日:2016年5月30日

京都コンベンションビューロー、大規模会議のノベルティに京都の伝統産業製品が大量に採用決定

Check
本日(公財)京都文化交流コンベンションビューローより,MICEに関する広報発表を行いましたのでご案内申し上げます。

2015年に各種助成金制度の改定・新設を行い,広報・周知に取り組んでまいりましたが,この度14,000人が参加される第59回日本糖尿病学会年次学術集会(2016年5月19日~21日・ウエスティン都ホテルにて開催)において,参加者に配布されるコングレスバック(13,800枚)に京都の伝統産業製品が採用されることとなりました。(京都伝統産業ふれあい館協力)

本会議の開催による京都市内での経済波及効果総額は8億7,400万円と試算されています。

また,全国では珍しい会議参加者専用の市バス・地下鉄一日乗車優待券であるコンベンションパス(京都市交通局協力)も5,000枚採用され,京都市内に大きな経済効果を生み出していますので,お知らせいたします。

本会議の開催による京都市内での経済波及効果総額は8億7,400万円と試算されています。

詳細は,下記URLをご参照ください。
https://meetkyoto.jp/ja/news/20160518densanconference/