HOME »

リリース日:2016年6月23日

京都コンベンションビューロー:京都と百度、免税店や観光施設の地図活用で 訪日中国人観光客取り込み支援で連携

Check
~ 百度 地図 と京都文化交流コンベンションビューローが 位置情報サービス で連携 ~

公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー (所在地: 京都市中京区 、理事長:村田純一、 以下 コンベンションビューロー ) と バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長 Charles Zhan g 、以下 「 バイドゥ 」 ) は 、 この 度 、 百度 地図 (バイドゥ マップ )を活用し 、 訪日 中国人 観光客 を 京都 の 免税店 などショッピング を 中心とした 店舗やニーズの高い観光施設 へ誘導する施策 の支援 で連携 します。

この取り組みは、 2015 年 2 月に、 コンベンションビューローが保有する京都の観光写真(約 600 点) を 百度の旅行チャネル 「百度旅行( http://lvyou.baidu.com ) 」 にコンテンツ 提供 した連携策につづく もので、 明日 6 月 10 日より順次 、 コンベンションビューローが 百度地図 登録センター業務を受託する イメージワークス社(京都)と共に 京都市内 免税店 ( 1,012 店/ 2015 年 10 月 1 日現在) に対して 、 百 度地図への登録について 説明や案内を行 います 。

連携 内容:
1 ) 免税店 などショッピング を 中心とした 店舗やニーズの高い観光施設の登録支援
2 ) 地図 活用や来店促進のための セミナー の開催
3 ) ポスター掲出 など 中国人観光客 の 利用促進 や京都認知 向上の 共同プロモーション を展開

<背景>
日本政府観光局の発表によると、 2015 年の訪日中国人観光客数は累計約 500 万人で、前年比 107.3 %増 となりました。 2016 年 4 月 も中国からの来訪者は、 月間 50 万 人 を超え 、 国別のラン キングでも 1 位と なっております。 このようなニーズの高まりに加えて、旅行スタイルもこれまでの団体旅行から個人で 自由にスケジュールを決める自由旅行に変わりつつあります。また、中国人のモバイル利用 も 急速に増 加しております。中国では移動中にモバイル地図を活用することが一般的となっており、店舗や施設な どの訪問にも多く活用されています。 今後 、 京都市内 の 免税店を取り込むことで、店舗名称や施設住 所、写真などを、個人旅行を中心とした訪日中国人客へ積極的に PR することが可能で、直接の来店を 見込むことが出来ます。

また、京都市は、世界的に有力な旅行雑誌「 TRAVEL+LEISURE 」 において 2 年連続で World’s Best City に選ばれるなど、日本を代表する国際観光都市です。百度検索における「京都」の検索回数は、日本の 都市別ランキングで東京に次いで第 2 位となっており、月間の京都関連検索回数は 50 万回を超えてお ります。今後は、中国人旅行客誘致 に取り組む他の地方自治体、団体との提携も拡大し、日本の地域活 性化に貢献していく考えです。

本リリース詳細はこちら