HOME » 業務提携 »

リリース日:2017年10月18日

JAL とアエロメヒコ航空、コードシェア提携に合意

Check
〜日本と中南米間の移動がさらに便利になります

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)とアエロメヒコ航空(本社: メキシコシティ、CEO:Andres Conesa、以下「AM」)は、お客さまの利便性向上、ならびに相互送客による企業価 値向上を目的として、2018 年度中に両社運航便(*)にコードシェアを実施します。
(*)コードシェアの実施は、関係当局への申請と認可が条件となります。

多くの日本企業の進出に伴い、日本とメキシコ間の渡航需要は年々増加しています。JAL は現在、ダラスお よびロサンゼルスからアメリカン航空が運航するコードシェア便でメキシコ国内各都市に乗り入れていますが、 メキシコのフラッグキャリアで、広範なネットワークを展開する AM と相互にコードシェア提携を行うことで、お客 さまの利便性のさらなる向上に努めます。

AM は 2006 年、中南米地域において、唯一アジアへ直行便を定期運航する航空会社として、メキシコシティ= 東京(成田)線を週 2 便で就航した後、年々増加する需要に応え、2017 年 3 月にはデイリー運航に増便しました。

JAL は AM の運航する東京(成田)=メキシコシティ線、ロサンゼルス=メキシコ国内各都市を結ぶ路線および メキシコシティとメキシコ国内各都市を結ぶ路線でコードシェアを実施する予定です。AM とのコードシェアによ り、JAL のメキシコ国内ネットワークは、現在の 8 地点から約 20 地点に拡大します。また、AM は、JAL の運航 する日本国内線およびアジア線でのコードシェアを実施する予定です。

コードシェア実施路線、開始時期などの詳細につきましては準備が整い次第、あらためてご案内します。また、マイレージ提携や両社のラウンジ相互利用など、両社のお客さまにとってメリットを最大限に提供でき るよう、さらなる業務提携について検討してまいります。

◆コードシェア予定路線
JAL 運航便 日本国内線および日本=アジア路線
AM 運航便 成田=メキシコシティ、ロサンゼルス=グアダラハラ、モンテレー、 メキシコシティ=メキシコ国内各都市