HOME » 新サービス&新商品のご案内 »

リリース日:2018年1月22日

フィジー政府観光局、日本事務所を再開設(アビアレップス社に業務を委託)

Check
〜今年7月の直行便運航再開を見据え、アビアレップス社に業務を委託〜

南太平洋に浮かぶ世界屈指のリゾート、フィジー共和国の観光促進を展開する フィジー政府観光局(正式英語団体名:Tourism Fiji、CEO:マシュー・ストーケル)は 本年1月4日より、日本における代表事務所業務を観光マーケティング会社、 アビアレップス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役&CEO:早瀬陽一)に委託しまし た。アビアレップス株式会社は、フィジー共和国の公式政府観光促進団体の日本 事務所として、同国への観光需要を喚起すべく、旅行業界向けプロモーション、広報、 デジタル・マーケティングなど、包括的なマーケティング活動を展開いたします。

年間合計75万人*の観光客を迎えるフィジー共和国は300以上の島々からなる諸島 国家で、一年を通じてマリンスポーツや美しいビーチ、リゾートライフがお楽しみ 頂ける卓越した旅行デスティネーションです。本年7月からは、フィジー・ エアウェイズによる成田~ナンディ間の直行便(週3便)の運航再開が決定しており、 フィジーへのアクセスも格段に向上します。

「本年7月からの、フィジー・エアウェイズによる日本~フィジー間で直行便の開始 を今から心待ちにしています。我々は、アビアレップスの有する専門的な観光 マーケティング知識が、日本からの来島者の増加に貢献してくれると確信しています。 日本の主要な旅行業界および報道関係のパートナーとのリレーションシップ、そして 市場内での強固なプレゼンスを再構築すべく、今後アビアレップスと緊密に連携して まいります。直行便の就航に向け、日本市場において多様なプロモーションを企画して おり、皆様に直接ご挨拶する機会も早々に設ける予定です」(フィジー政府観光局CEO マシュー・ストーケルのコメント)

「このたびフィジー政府観光局の日本事務所に任命され、大変光栄に思います。弊社 の東京を基盤に活動するセールス・広報・デジタルチームは、旅行業界および報道関係 者との緊密なネットワークを有しており、日本市場におけるフィジーの観光プロモー ションを成功裡に導けると確信しております。常に最新のマーケティング手法を 駆使し、日本人渡航客の増加に向けて、フィジーの認知度向上に努めてまいります」
(アビアレップス本社 CEO エドガー・ラッカーのコメント)