HOME » 新サービス&新商品のご案内 »

リリース日:2018年3月22日

【台湾観光局】ミシュラン、台北市初の「ミシュランガイド台北」発表

Check
日本人にも親しみやすいバラエティ溢れる食事が人気で、グルメが常に観光目的の上位を占める台湾 に、3/14、待望の「ミシュランガイド台北」が発表され、その販売は 3 月下旬を予定。これは 2011 年に観光 スポット版「ミシュランガイド台湾」に続いて台湾・台北のレストランを格付けした初のグルメガイド本となる。

三つ星が1店、二つ星が2店、一つ星が17店の計20店が星を獲得した。14 日の発表会で、ディレクターのマイケル・エリス氏は「台北は多様な美食文化が融合し、革新的な味わいが育まれている」とコメントしたように、20 店舗中日本料理店が 5 店舗も選ばれた。

最高評価の三ツ星はパレデシンホテルの広東料理店 『頤宮 』、北京ダックなど日本人観光客にも人気の高級レストラン。

二つ星にはシェラトングランドホテルの上 海料理『請客楼』とミシュランガイド東京で 7 年連続三つ星を獲得している「日本料理 龍吟」の台北支店「祥雲龍吟」が星を獲得した。

一つ星の 17 店には、「シェフ界の台湾の星」と呼ばれるアンドレ・チャ ン(江振誠)氏のビストロノミー「RAW」や台湾料理の「金蓬萊遵古台菜」、「明福台菜海鮮」などが含まれている他、フレンチ、ステーキなど多彩な顔ぶれがそろった。

台湾観光局では、観光客の誘致につな がればと期待感を表明。台北の立ち寄り先のバイブルとして、大きな話題性を呼んでいる。