HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年11月6日

バージニア州観光局 メディア・ランチを開催 ユナイテッド航空との新キャンペーンも発表

Check
バージニア州観光局は先日東京都内で、バージニア州観光局の代表団の来日に伴い、メディア向けのランチミーティングを開催した。
 ワシントンD.C.に隣接する同州は、「アメリカ誕生の地」とも言われるとおり、アメリカで最古の永続的イギリス植民地が設置された場所である。また歴代大統領が一番多く誕生した州としても知られており、年間100万人を超える観光客が訪れ、米国内ではNo.1の修学旅行の目的地にもなっている。
 同州は空港からもワシントンへのアクセスも抜群であり、300近くのワイナリーがあることでも有名。ゴルフコース、洗練されたホテルも多く、トレッキングなど自然を実感できるアクティビティも楽しめ、また歴史遺産やショッピングなどでも楽しめることから、観光地として高いポテンシャルのあるエリアでもある。

今回はそのような同州の魅力の紹介とともに、同州に乗り継ぎなしの直行便でデイリー運行している、ユナイテッド航空(UA)の情報も紹介された。
 また同時に、11月1日より開始された「アメリカが生まれた場所、バージニアへの旅が当たる」キャンペーンも発表された。賞品は1組2名に、バージニア 3泊5日の旅 東京・成田~ワシントンD.C.間往復航空券+宿泊”が当たるユナイテッド航空賞と、日本ではまだ入手困難といわれている芳醇なバージニアワイン5名に当たるバージニア賞が設定されている。
  
キャンペーンサイト



バージニア州特設サイト
https://unitedair.jp/virginia/index.html?utm_source=jpmktg&utm_medium=unitedair.jp&utm_campaign=virginia&launch_date=2018-11-1
 
 
▲写真:バージニア州観光局日本代表のマージョリー・デューイ氏(左)と、バージニア州観光局グローバル・マーケティング・ディレクターのハイディ・ジョハンネセン氏