今週の週刊トラベルジャーナル
【編集長より】

 コンビニやファストフードの店頭で接客しているのが外国人スタッフばかりという光景はもはや日常的になってきました。

 これから地方の宿泊施設でもそんな光景が当たり前になっていくのでしょう。

 4月から改正入管法が施行され、宿泊業のフロント、接客、レストランサービスなどの単純労働を外国人に認める「特定技能」という在留資格が設けられます。

 特集は宿泊業の現場が今回の法改正をどのように生かしていくべきか考察しました。

 共に観光立国を支える一員として迎えられるかが鍵を握ります。
 
旅行業界の最新ニュースリリース 掲載ご希望はこちら