今週の週刊トラベルジャーナル
【編集長より】

 話題の新書『観光亡国論』の著者アレックス・カーさんの講演を拝聴しました。

 お題は「美しき日本を求めて~観光立国への挑戦」でしたが、繰り返し語られていたのは「観光管理」という言葉。

 いわゆるデスティネーションマネジメントです。

 極論すれば何の手を打たなくても海外からの渡航客は中長期的に増え続ける時代に、日本は観光管理に力を入れないと大変なことになると説きます。

 特集はそのデスティネーションマネジメントの組織であるDMO視点で、オーバーツーリズム対策の役割論を考えました。
 
旅行業界の最新ニュースリリース 掲載ご希望はこちら