HOME » セールスガイド、パンフレットなど各種資料 »

リリース日:2016年11月21日

コスタクルーズ、米国のクルーズ専門誌「ポートホール・クルーズ」において 『ベスト・メディテラニアン・アイテナリー』を受賞

Check
ヨーロッパ最大のクルーズ会社、コスタクルーズ(本社イタリア・ジェノバ)は、米国のクルーズ専門誌「ポートホール・クルーズ(Porthole Cruise)」が実施する18回目の「リーダーズ・チョイス・アワード(Readers’ Choice Awards)」において、地中海クルーズの旅程が最も優れたクルーズ会社へ贈られる『ベスト・メディテラニアン・アイテナリー(Best Mediterranean Itineraries)』を受賞しました。コスタクルーズの同賞の受賞は17年連続となります。
 
「ポートホール・クルーズ」はアメリカの権威あるクルーズ専門誌で、クルーズに関する記事や写真、客船の紹介、さらに旅程や寄港地での観光、船内の過ごし方など幅広い情報を紹介しています。同誌の「リーダーズ・チョイス・アワード」では、毎年、数千人の読者による投票によって全54部門で最も優れたクルーズ会社が選出されます。

コスタ・ヨーロッパおよびコスタ・アジアのレベニュー・マネージメント担当上級副社長のマリオ・ザネッティは「コスタクルーズが地中海クルーズで成功を収めていることが評価され、大変嬉しく思います。地中海はコスタクルーズのホームで、最も重要な地域の一つとして、68年余り常に革新的なクルーズの旅を提供し続けています。2017年夏には、ギリシャの島々、バレアレス諸島、スペイン、サルデーニャ島を巡る、海とビーチ好きにとって最適な2つの新コースを提供します」と述べています。

●コスタクルーズの2017年 地中海クルーズ について
地中海はバラエティに富み、多くの人々に愛されるデスティネーションの一つで、コスタクルーズでは毎年より魅力的な旅程でクルーズの旅をお届けできるよう取り組んでいます。2017年夏には、客船『コスタ ネオクラシカ』でギリシャの島々を巡るクルーズと、客船『コスタ ネオリビエラ』でサルデーニャ島、バレアレス諸島とスペインを巡る1週間のクルーズを新たに2コース運航します。

 『コスタ ネオクラシカ』は、2017年5月13日から9月30日までの期間、毎週土曜日にイタリア南部のアドリア海に面したバーリを出港し、ギリシャのコルフ島、クレタ島(イラクリオン)、サントリーニ島、ミコノス島を巡るクルーズを運航します。サントリーニ島は深夜の出港、ミコノス島では1泊停泊しビーチや島のナイトライフを満喫できる旅程です。

 『コスタ ネオリビエラ』は、2017年6月4日から9月24日までの期間、毎週日曜日にイタリア北部のリグリア海に面したサヴォナを出港し、地中海西部のビーチで有名なデスティネーションを巡るクルーズを運航します。ポルト・トッレス(サルデーニャ島)、スペイン・バレアレス諸島のメノルカ島、イビサ島(1泊停泊)、パルマ・デ・マヨルカに寄港し、タラゴナ(バルセロナ近郊)を訪れた後、サヴォナへ戻ります。

●コスタクルーズとは
およそ70年の歴史を誇るコスタクルーズの客船は世界の海を航海しながら、イタリアらしい陽気なおもてなしや多彩な美食、そしてお子様からシニア層までさまざまなニーズにお応えし、「海の上のイタリア」を体現する陽気で楽しいイタリアンスタイルの船旅をお届けします。

コスタクルーズはイタリア船籍15隻の客船が、地中海、北欧、バルト海、カリブ海、中米、南米、中東、インド洋、アフリカ、そしてアジアへ、世界中の250におよぶ寄港地に就航し、世界一周クルーズや、一度のクルーズで異なる大陸の寄港地を訪れることのできるグランドクルーズを提供しています。

・コスタクルーズ 公式ウェブサイト: 
www.costajapan.com (日本語)
www.costacruisesasia.com (英語)